2016年12月07日

九州でお馴染み激安ファミレス「ジョイフル」で『ガパオライス』を食べた!

L9241195.jpg

一人暮らしにはありがたい、激安ファミレス「ジョイフル」。
京都に住んでいた頃には知らなかったけど、このファミレス、九州全域にいっぱいあってかなり有名らしい。
かくいう僕も、今やすっかりジョイフラー。500円前後で一食賄えるコストパフォーマンスにだいぶ助けられている。

そんな!ジョイフルに!ななんとタイ料理が登場したらしい!!

恐らくジョイフル史上初めてのことではないだろうか。早速行って食べてきた!

IMG_9126.jpg

いつものジョイフル。どこのお店かはナイショね。
フリードリンクがやたら安いのもジョイフルの魅力やね。

IMG_9123.jpg

メニューを確認。ガパオライスを確認!
同時に、その上段にビビンバも発見。
…なんだろ、ガパオライスとビビンバって同時に売られることが多いような…。
どっちもエスニックなので、そもそも食べないって人もいるだろうからね。
リスクヘッジってことなのだろうか。


メニューによると、
「ガパオとは、粗く刻んだひき肉を、野菜やハーブなどで炒めたタイ料理。」とのこと。
…うーん、このブログを読むようなディープなタイ料理ファンならわかると思うけど、
ちょっとちがうような…。(^^;

正確には「ガパオとはタイのバジルのことで、タイバジルと粗く刻んだひき肉を炒めた料理」
だよね。

んまーファミレスだし…。料理もこの説明ぐらいのクオリティでやって来ることを予想。

L9241201.jpg

そして、待ちに待ったガパオライスは…どーん!こちら。
…うーん、ちょっとメニューの写真と違うような??

まあ、見ての通りツッコんだらきりないんだけど。(^^;
ガパオライスなのにガパオ入ってないのも、お肉が粗みじんじゃないのでドロっとなっちゃってるのもまあ想定内かな?

L9241198.jpg

ズズッと拡大して見るとこんな感じ。
ガパオは入っていないけど、ドライバジルの粉の香りはけっこうするね。

L9241218.jpg

添えられている目玉焼きと一緒に食べてみた。
味は…うん、…まあ、ファミレスですから!

安いし、気軽にタイの雰囲気を味わえるし、これはこれでいいんじゃないでしょうか。
同時に発売のビビンバと和風カルボナーラも気になる! 今度食べてみようかな?


2016年12月03日

ポリポリっと小腹が空いた時に食べよう!『パンシップ』

P1070846.jpg

ปั้นสิบ パンシップ

小さいスナック。スナックを売っているスタンドとかにはよく置いてあるかな。
これもタイの伝統的な、古いお菓子のひとつ。

IMG_6453 (1).jpg

これを買ったのは、オートーコー市場。
ご覧のように、僕が行ったのはちょうど改装中の頃だった。
今はたぶんリニューアルされて、綺麗になっているんだろうと思う。

IMG_6435.JPG

何か面白いものはないかな?と見回っているうちに見つけたのが、こちらのお店。
ちなみに、オートーコー市場って海鮮類やら肉やら野菜やら、高級高品質な食材が集まってくることで知られる市場なんやけれどもね。一番気になったのは普通スルーしそうな素朴なお菓子っていう。(^^;

パンシップの専門店かな?オートーコー市場でパンシップで勝負しようっていうのもなかなかすごいな…。
自分で買ったことはなかったので敢えて注文。

P1070835.jpg

オートーコー市場の場外(駐車場のあるゾーン)にお店を構えている、「プララームロンソン」の専門店に入って、食べてみた。プララームロンソンはこのブログで何度か紹介しているけど、この専門店と中華街の老舗、あとは「サグワンシー」という有名店ぐらいでしか扱っていない、珍しい料理。

そこで食後のデザートとして?食べてみた。
パッケージを見ると、買ったのはどうやらバーベキュー味?みたいやね。
フェイスブックのアドレスまで乗せているのがやる気を感じるね。(^^ 

P1070846.jpg

パンシップは、見た目はから「カリーパフ」にすごく似ている。
作り方もカリーパフとほぼおんなじかも。
で、カリーパフと比べて、すごく小さい。おにぎりとうめぼしぐらい違う。
人指し指ぐらいのサイズで、皮が固めで、ぼりぼり食べられる。
たくさん食べると水が欲しくなるね。

P1070847.jpg

中身はこんな感じで、一応バーベキューっぽいのかな?
ただ、味付けはそんなに濃くなくて、「風味がする」って程度。

ポリポリっと全部食べちゃったけど、残しておいて日本に持って帰ってきてもよかったかも〜!


訪れたお店   : ニーオーカリーパフ(นีโอกะหรี่ปั๊บ Neocurrypuff)
この料理のレア度: ★★★☆☆☆(普通っぽい料理)
お店の場所   :(オートーコー市場内で購入)

2016年11月30日

ローカルだけどレベル高し!ナンレーン市場で食べた『サイクロークプラーネーム』

P1070667.jpg

ไส้กรอกปลาแนม サイクロークプラーネーム

チャイナタウン北、ナコンサワン通り(ถนนนครสวรรค์)とクルンカセム通り(ถนนถนนกรุงเกษม)の交差点近くにあるこじんまりしたローカル市場。名前を「ナンレーン市場」という。(ตลาดนางเลิ้ง「ナンルン市場」の表記もあり。)

あまり知られていないけど、王室御用達の麺料理屋なんかもあり、食べ物のレベルが高いところ。

IMG_6384.JPG

中央の吹き抜けがフードコートみたいになっているのがトレードマーク?
この周りにあるご飯屋さんはどこもやったら美味しそう。

そんな市場のなかで、今回注目したいのは、「サイクロークプラーネーム」という料理。

IMG_6379.jpg

ここにはちょっと有名な専門店があるのだ。
ここじゃなくても、デパートやショッピングセンターの地下でも、
たま〜に売っているかも?
存在自体が地味なので見過ごしてしまっている可能性大…。

IMG_6378.jpg

行ってみたときには、この料理のことをあんまりよく知らなかったので、
「ええ〜と、サイクロークプラーネームください。」とおバカな顔して注文。
すぐに店のオバちゃんに外国人だとばれ、食べ方を説明される。
どうやら、店頭にあるサニーレタスと、サイクローク(ソーセージ)と、魚のそぼろを一緒に食べるのが「サイクローク・プラーネーム」という料理らしい。

「はい、作ってあげたわよ。これ食べて。」と、素手でムニムニと整形した完成品をそのまんま手渡ししてくれた。
うん、わかったありがとう…。えーと、とりあえず食べてみよう!

P1070664.jpg

お値段は意外と高くて、僕が行った時は50バーツだった。
まあ、それなりのボリュームはあったので高すぎると言うことはない。
早速オバちゃんに教わった通りムニムニと整形して食べてみた。

P1070673.jpg

こんな感じで、まとめて食べると美味しいんだとか。
ぱくっと食べてみると…。 うおぉ!これ、いくらでも食べられるやつ!
魚のそぼろは生臭さが全くなくて、言われないと魚だと気がつかないかもしれない。
とても香りが良く、オレンジのような風味がある。 それだけ食べるとちょっと甘すぎるかもしれないんだけど、サイクローク(ソーセージ)と一緒に食べるとこれが、ちょうどいい塩梅なのである。

モリモリ頂いた!!

テンション上がる市場なので、いちど行ってみるといいかも。(^^


訪れたお店   : サイクロークプラーネーム(ไส้กรอกปลาแนม料理名=店名)
この料理のレア度: ★★★★☆☆(あまり見かけない料理)
お店の場所   :(ナンレーン市場内の小さい店)

2016年11月26日

パカパカ焼いていくところを見るのが楽しいお菓子『トーンムアンソッド』

P1080042.jpg

ทองม้วนสด トーンムアンソッド
生巻き焼き菓子

百年市場に行った時の写真がまだ会ったので放出。 笑
サムチュック百年市場で有名なものといえば、巨大ルークチンとか蓮の葉で包んで蒸したちまき「カオホーバイブア」とかだけど、その他にもタイの伝統的なお菓子がたくさんあった。

今回紹介するのは、その中の一つ「トーンムアンソッド」。

IMG_6552.jpg

ありし日のサムチュック市場

P1070997.jpg

ふらっと歩いていて、みつけたのがこちら。な、なんだか小さい大判焼きを作るような器械でなにやら焼いている! 粉もん文化に並々ならぬ関心をもつ関西人としては放っておけない。

近寄ってみると、でかでかと書いてあるのが「トーンムアンソッド(ทองม้วนสด)」という文字だった。このお菓子の名前=お店の屋号 ということらしい。


P1070999.jpg

小さい焼き機でパカパカと手際よく焼いているお店の人。
そしてそれを興味深げに眺める子供。
うーん屋台の原風景やね!

バートゥーイの汁で緑色に染まった生地の上にマプラオオーン(柔らかいココナッツファイン)を乗せた後、

P1080002.JPG

蓋を閉じ、たこ焼きの要領で焼き上げる。

P1080004.jpg

もう一度開けたら、出来上がり!
出来上がりの見た目は、たこ焼きというよりも生八ツ橋に近いね。

ネットで調べて見ると、このお菓子は「トーンムアンソッド」というんだけれど、
これは生地がご覧のとおり、生八ツ橋のようにしっとりしているので「ソッド(生)」と呼ばれているらしい。

このほかに、「ソッド」のつかない「トーンムアン」というお菓子もあって、
これは形は似ているけど、甘いパリッとした食感の煎餅みたいな焼き菓子。「焼き」の方がポピュラーで、お菓子屋さんや土産物屋の片隅で売られているのをたまに見かける。

P1080053.jpg

トーンムアンソッドを買って見た。見た目通りのもっちりぷりぷりした食感。
確かにこれは、日持ちしないだろうから屋台でないと売れない一品だね〜。

P1080060.jpg

中を見てみると、ごってりマプラオオーン(柔らかいココナッツファイン)がごっそりと入っていた。
皮のもっちりぷりぷりと、中身のココナッツのシャキシャキがいい感じにコラボしていて美味しいね。

なかなか街中では見かけないんじゃないかな〜。
売っているのを見たら、迷わず買わないと、次どこで売っているかわからない一期一会な逸品だった!

1421235377-39032-o.jpg

ちなみに、「生」じゃない「焼き」タイプのトーンムアンはこんな感じ。確かに「トーン(金色)」で、「ムアン(巻き)」だった。納得!(写真の引用元はこちら。


訪れたお店   : トーンムアンソッド(料理名=店名)
この料理のレア度: ★★★★★☆(なかなか見かけることのない、伝統的なお菓子)
お店の場所   :(百年市場内。簡易店舗のため、いつでも売っているとは限らない。)

2016年11月23日

菜食週間じゃなくても食べたくなる野菜の天ぷら!『パックトート』

P1070537.jpg

ผักทอด パックトート
野菜の天ぷら

BTSの延伸もあって、数年後にはガラッと変貌しそうな中華街。
でも今の所はこのヤワラート通りに面する繁華街は、昔からの風景は保っているように見える。

IMG_6356.jpg

そんな中、ちょっと気になったのがこのお店。
結構ずっと前からこの場所で営業しているように思うんだけど、どうなんだろ。
ここの野菜の天ぷらが特に美味しそうだったので、思わず買ってしまった。

中華系タイ人の中には菜食を習慣にしている人がいる。タイには「菜食週間(キンジェー)」というのがあって、その期間だけ菜食で通す人が多いけど、年がら年中菜食をやってる人もいるのだ。
このお店は、まあその人たちだけの専門の店ってことはないだろうけど、とにかく菜食メニューの「野菜の天ぷら」を売っていた。

看板に書いてあるのは… 「芋の揚げ物」「大根の揚げ物」「油揚げの揚げ物(白・黄)」「五目揚げ春巻き、黒豆入り、赤豆入り」かな? 他にもいくつか書いてあるけど、まあ省略。

P10705232.jpg

で、かってみたのがこちら。
ホントは一本丸ごとを写真に撮りたかったんだけど、注文した直後に有無を言わさずドスンドスンと食べやすい大きさに切り分けてくれたのでこうなった。うーん、こうなるとどれに何の具が入っているのか、ちょっとよくわからないね! でも美味しそうだね!

P1070537.jpg

とりあえずまあこれは色が黒いから、黒豆入りなんだろうね。


P1070541.jpg

うーん、これはなんだろ?大根餅っぽいから大根入りかな?

どれもタイらしいバリッとした食感で、期待通りの味だった〜。(^^)


訪れたお店:ラーンジェーガムライ(ร้านเจกำไร)
この料理のレア度:★★☆☆☆☆ ポピュラーな料理
お店の場所   :(ヤワラート通りとマンコン通りの交差点付近)